2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 11月24日 宮島の鹿図 | トップページ | 11月26日 富有柿図 »

2007年11月26日 (月)

11月25日 柚子図

Dscn1791 今回の広島への旅で、とても楽しみにしていたことがありました。それは、大学生の頃の友人に35年ぶりに会えるということです。この友人は、私たち夫婦と共に青春を謳歌した仲間で、特に夫とはいつも一緒に行動していたような記憶があります。

70年安保の世代で、ほとんどの学生は好むと好まざるとにかかわらず、時代のうねりの中で問題意識を持って生きていたと思います。デモに参加し、集会に参加し、反戦フォークを歌い・・・まさにユーミンの「イチゴ白書をもう一度」の世界です。そして、その歌詞の通りにみんな髪を切って就職しました。故郷に帰った彼は、今では地元企業で偉い人になっています。勿論、歳はとっていましたが(それはお互い様!)、しゃべる仕種や歩き方は昔のままで、懐かしい思いが溢れてきました。一回り年下だという若い奥様を傍において、本当に幸せそうに話していました。

友人は、お母様が残してくれた小さな畑を耕し、色々なものを作って楽しんでいるそうです。この日は、収穫した柚子を持ってきてくれましたが、学生時代の彼からは家庭菜園など想像すらできません。“時”の力は偉大なものだ!(笑)と、改めて感心しました。

帰ってから食べた柚子の味は、格別なものでした。

« 11月24日 宮島の鹿図 | トップページ | 11月26日 富有柿図 »