2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 11月23日 大鳥居図 | トップページ | 11月25日 柚子図 »

2007年11月25日 (日)

11月24日 宮島の鹿図

Dscn1790 宮島には、いたるところに鹿がいます。山の中にも、商店の並ぶ参道にも、細い路地にも、海辺にも、普通に鹿が歩いています。現在、約500頭が暮らしているそうです。

“鹿と人との共生”といえば、奈良公園が有名ですね。これは、「春日大社の神様が、鹿島神宮から白い鹿に乗ってやってきた。」という故事によって、“鹿は神の使い”という伝説が生まれ、人々が特別に大切にしたからでしょうね。春日大社ほどではないにしても、宮島の鹿の歴史も、西行の書物に出ているくらいですから相当古く、共に生きている風景も自然そのものです。

しかし、神の使いとして人々に可愛がられるのは、そうした伝説だけではないように思います。とにかくそばで見ると、とってもチャーミングで、特に睫の長い目で見つめられると、ついつい微笑んでしまいます。季節は紅葉の秋・・・もみじとピッタリ似合っていました。

« 11月23日 大鳥居図 | トップページ | 11月25日 柚子図 »