2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 11月10日 インドの木箱図 | トップページ | 11月12日 菊図 »

2007年11月12日 (月)

11月11日 航君の絵図

Dscn1735 昨日描いた“インドの木箱”は、銀座8丁目の民芸店「たくみ」で買ってきたものです。木製なので、中に小さなビンでも入れて花を生けてみようと思います。

さて、個展会場には、全部で26点の作品が飾られていました。こうして並んだ自分の作品を見る時、いつも心がけていることは、“できるだけ客観的にながめる”ということです。言うは易く・・・で、思い入れがある分、これが中々難しいのです。

お客さんの途切れたときに、航君(アールアン社長のお孫さんで、小学1年生です)と二人で絵を描いて遊びました。航君は、子供ではあっても、いつも絵を見て暮らしているので、眼力があるのです(笑)。この日は、生まれて初めて墨をすり、筆を持って描いたことにとても感動していました。

今日の心経には、その時私を描いてくれた絵を思い出して描いてみました。航君ののびのびとした線を巧く表現できたでしょうか。子供の絵は、いつも勉強になります。

« 11月10日 インドの木箱図 | トップページ | 11月12日 菊図 »